そりゃ仕事でも「会おうよ」なんて言われたら卒倒しちゃうわよ

私はマンチェスター・シティが大好きで。
少し前に現地に一人で試合を見に行ってきました。
その時に出会った現地のガチ追っかけの女の子。
同じ選手のファンということで、あっという間に仲良くなって。
今でもよくチャットで話をします。

そんな彼女は最近、ジャーナリストになりました。
なんでも、極めると仕事になるんだなぁとビックリ。
ストーカー気質のある友達なので。
ジャーナリストもいいかもしれませんね。

今日、そんな友達が興奮してメッセージを寄越しました。
何だか長くて、そして省略がいっぱいで。
英語初心者な私は読むのに一苦労。
とりあえず、彼女が大興奮なのことはわかります。

なんだ、なんだ。
と頑張って読んで行ったらわかりました。
私と友達が大好きな選手が、独占インタビューを受けてくれることになったんだそうで。
「今度練習後に会おうよ」と言われたんだとか。
もちろん、プライベートではなくて仕事で、ですが。
そりゃ、もちろんそんな事わかっていても、大好きな選手に「会おうよ」なんて言われたら倒れちゃう。
聞いてる私も倒れちゃう。
いいなー。
すごいなー。
友達は、インタビュー動画をよく横流ししてくれるので。
期待です。
すごいなぁ。
友達。
羨ましい。
撮影係でついて行きたいよ。
shampoo-shiraga.com

古館さん、しゃべりの古巣で本領発揮!

ライフワークのニュースステーションから、意に反して降りて、古館さん、どうするんだ、と、他人事ながら心配してました。

ファンではないけれど、あの話術は独特のもので、だれも真似できないでしょう。一つの才能です。

だから報道なんかで、その才能が枯れることが心配でした。

でも、アナウンサーとして、夜のニュースキャスターというのは最終目標、と言うことなのでしょうね、と、思ってました。だから燃え尽きたか、と。

ところが、どうして。はなばなしくバラエテイに復活。

なかでも圧巻はソフトバンクのCM。欣也パパ犬を相手に、樋口ママを相手に、機関銃のようにしゃべくり倒す。

本領発揮ですね。やっぱりここが古館さんの古巣です。

でも、古巣があるのは、それだけの能力があるから。

そしてその力はだれにもまねができない、つまり取って変わることが出来ないから。代役がいない、ということが古館さんのすごいところなのですね。

このところ、auの3太郎に押されがちだった白坂家、古館さんの投入で挽回できるか。それはつかい方次第です。

名伯楽ありてのちに名馬あり。名馬はいても、名伯楽がいないのが、現代の悲劇です。

そういえば、どこかの政党も、名馬は出てきましたが乗りこなす人がいなそう。このままだと、名馬がただのじゃじゃ馬に終わってしまう。残念。